新着NCV地域ニュース

LOCAL NEWS

「南陽市で固定資産税課税誤り」総額約900万円の漏れ

行政 地域情報

南陽市は25日、固定資産税での課税漏れを公表し、白岩市長が陳謝した。南陽市によると課税漏れは、木造家屋の固定資産税評価額を計算する際に入力する「積雪・寒冷地補正率」を、国の基準が変更されたにも関わらず前年度の数値まま入力したため発生した。課税漏れの規模は精査中で、約3200人、総額約900万円が見込まれる。

注目ニュース